Cocktail Bar Raven

Herb Liqueur

Drambuie

1745年に、スコットランド、ステュアート王家のチャールズ・エドワード・ステュアートは、フランスから援助の約束を取り付けて王位継承権を争う戦を起こしましたが翌年に敗北しフランスとも連絡が途絶えてしまいスカイ島に逃亡。

多額の懸賞金がかけられましたが無事フランスへと帰還したそうです。


この逃亡の際の護衛についた士を代表してジョン・マッキノンに褒美として王家秘伝の酒(ドランブイ)の製造が伝授。

その後市販が始まったのは1906年で量産されるようになったのは1945年頃。

量産が始まり世界的に広がっていたようです。


ハイランド地方の複数のモルトをベースにハーブやスパイス、そしてヒースの花から採れた蜂蜜(ヘザーハニー)を使用。

ソーダ割りラスティネイルなどのカクテルなどは勿論、1980年代のオールドボトルもございますので飲み比べでもお勧めです。

400 800

« Back